2008.10.02

食品製造業現場管理者セミナー(個別指導)

全5回のこのセミナーも残すところあと一回になりました。

中井利雄先生には、個別指導ということで各企業の現場を巡回していただいています。

今回はその風景を皆様にお伝えしようと思います。

 

shokuhin4-075.jpg9月30日(火)、午前9時より奥出雲町にある奥出雲食品へ行ってきました。

今回は新商品についての相談で、先生のご意見をいただきました。

かなり専門的な用語が飛び交うのですが、先生の「色々なアドバイスを受けても、最終的に決定するのは、企業自身である。その見極めと自分たちに合ったものを選び、取り入れていかなければなりませんよ。」と言う言葉が印象的でした。色々な技術・ノウハウのアドバイスもやはり最終決定権は企業(自身)にあるのだなぁと私も身にしみました。

 

 

 

shokuhin4-084.jpg

午後からは、雲南市掛合町にある入間なかよしグループへ行ってきました。

大勢の女性に囲まれ、少々緊張?ぎみの中井先生でした。

冷凍保存・殺菌技術・販路拡大のためのノウハウを分かり易くお話いただきました。

地域に伝わる郷土料理を作るグループが保存・殺菌の専門的な技術を取り入れることによって販路拡大や作業の効率化が期待できますね。

 

shokuhin4-083.jpg「そんなこと考えたこともなかったわー。」と言う皆様の声に、日頃の疑問についてお応えでき、一時間半弱の短い時間ではありましたが、大変有意義なものになったようでした。

今回のセミナーの個別相談ですが、初めは、会員の皆様からは、「個別相談は遠慮します。」というお返事をお聞きすることもあったのですが、中井先生のセミナーの内容と人柄から「やはりお願いします。」ということで、させていただくこともありました。

 

 

あとで、お聞きすると「現場を見てもらうのは恥ずかしい。」「先生に怒られる。」という心配をされていたそうです。しかし、現場で商品を食べ、設備を見てその企業ができること改善が見込まれるところをアドバイスしていただき、話だけでは見えないことも現場に行けば見えることもあるのだと感じました。

 

 

Comments are closed.